婚活疲れの原因と婚活疲れした時の心構え3選

女性向け記事

婚活を始めてどれだけ時間がかかるかは、その人の行動力やタイミング、運などが関係してきます。

人によっては婚活が長期化してしまうことも…。

婚活が長期化してくると、婚活で起こる様々な出来事によるストレスから婚活疲れしてしまいます。

婚活疲れは婚活をやめてしまう原因となってしまうので、適切な対処が必要です。

そこで今回は婚活疲れの原因と婚活疲れした時の〇つの心構えをご紹介していきます。

 

婚活疲れしてしまう主な原因は「気疲れ」「出会えない」「ネガティブ」の3つ

今回婚活疲れの原因を探るために、婚活中の30~40代の男女20人にアンケートを実施しました。

下表が調査結果となります。

 

婚活疲れの原因 人数
婚活で気疲れしてしまう 9
理想の相手と出会うことができない 5
ネガティブになる 4
その他 1

 

アンケートの結果によると婚活疲れの主な原因は、

・婚活で気疲れしてしまう

・理想の相手と出会うことができない

・ネガティブな感情

となりました。

1つずつひも解いていきましょう。

 

婚活疲れの原因①:婚活で気疲れしてしまう

婚活では多くの人と出会う必要があります。

結婚相談所のカウンセラー・パーティーの参加者・お見合い相手…。

婚活で出会う人のほとんどは初対面であるため、会って話をするだけで非常に疲れてしまいます。

私自身も何度か婚活パーティーに行ったことがありますが、1回参加するだけでもその日は何もできなくなるぐらい疲れてしまいます。

また、婚活でお見合いまで行き着くと、つい「結婚したい!」という気持ちから無理して相手の好む人物を演じてしまうこともあるでしょう。

そうした気疲れが積もり重なって、婚活疲れしてしまいます。

 

婚活疲れの原因②:理想の相手と出会うことができない

婚活ではそう簡単に理想の相手と出会うことはできません。

そもそも婚活をスタートした時点で自分にとって理想の相手がどんな人か分かっていない人も多いでしょう。

そういう人は自己分析して、理想の相手像を明確にする必要があります。

例えば、

・自分は問題が時に理屈っぽく考えるタイプなので、理系で理論的なタイプの人がいいな。

・毎日連絡を取って、分かりやすい愛情表現がないと気持ちが冷めてしまうので、同じタイプの男性がいいな。

・仕事に集中したいから、専業主婦を希望する女性がいいな

など自分は〇〇なタイプだから、▲▲な異性と相性が良いのではないか?という感じです。

 

また、理想の相手が明確になったとしても、理想の相手を探すだけでも一苦労。

さらに理想だと思える相手と出会っても、あなたと相性が良いかどうかはわからないのです。

「すぐに理想の相手と出会うことができる」と考えてしまう人は婚活疲れしてしまいますよ。

 

婚活疲れの原因③:ネガティブになる

婚活では自己否定されることが多くなります。

・婚活パーティーで誰ともマッチングしない

・お見合いで相手から断られる

・1回デートしても、次のデートにつながらない

・交際してもすぐにフラれる

婚活では上記のようなことが頻繁に起こります。

人生においてこれほどまでに自己否定されることは少ないので、何度もこのような出来事が続くと次第に自尊心を失い、ネガティブになっていきます。

 

「こんな年齢で婚活しても意味ないんじゃ…。」

「結局誰も結婚してくれないんだ。」

「もうつらい、やめたい。」

 

そのような感情になってしまえば、なかなか立ち直ることはできません。

このネガティブな感情が婚活疲れを引き起こします。

 

婚活疲れの心構えは「休む」「他の婚活方法を試す」「楽観的に考える」の3つ

ここからは婚活疲れてしまった時の心構えを3つご紹介します。

ぜひこの3つの心構えを意識して、婚活疲れに対処していきましょう。

 

心構え①:婚活疲れを感じたら最大1ヶ月だけ休む

婚活疲れが原因で婚活が上手くいかなくなったら、思い切って婚活を休んでしまいましょう。

しかし、婚活を休む期間はあらかじめ決めておきましょう。

休む期間は最大でも1ヶ月程度にしておいてください。

それ以上休んでしまうと婚活の感覚を忘れてしまい、感覚を取り戻すまでに時間がかかってしまいます。

また婚活は休んでいても、婚活情報は集めておきましょう。

婚活パーティーの開催情報、結婚相談所の照会相手などの情報には目を通しておけば、婚活を再開した際にスムーズにスタートを切ることができます。

 

心構え②:他の婚活方法を試す

婚活では1つの方法にこだわり過ぎるのはよくありません。

1つの方法にこだわってしまうとなかなかうまくいかないことがありますし、「結婚できないかも…。」とネガティブになってしまうことがあります。

そのため、1つの方法で上手くいかない場合は他の方法を試してみましょう。

婚活ではマッチングアプリ・婚活サイト・婚活パーティー・結婚相談所など様々な方法があるので、同時並行でやってしまえばいいんです。

私もマッチングアプリや婚活パーティーなど様々な出会いを活用しています。

そのおかげか婚活の不安感もなくなりましたし、婚活のマンネリ化による婚活疲れもなくなりました。

 

心構え③:婚活は時間がかかるものだと楽観的に考える

婚活疲れしてしまうのは、婚活に期待しすぎなのかもしれません。

「婚活すれば、1年以内に結婚できるはず!」

「結婚相談所に入れば、結婚に真剣な人ばかりなのですぐに結婚できるだろう。」

そのような期待が外れてしまい、婚活疲れにつながってしまうのです。

焦って結婚してもロクなことはありません。

周りに流されずに「いつか絶対結婚できるはず!」と楽観的に考えるようにしましょう。

楽観的に考えられるようになると余裕が生まれ、出会った相手に好印象を与えるので、逆に理想の相手をたぐり寄せることになるかもしれません。

 

まとめ

以上、婚活疲れの原因と婚活疲れした時の心構えをご紹介してきました。

婚活を続けていると婚活疲れに1度は陥ってしまうこともあるかもしれませんが、先ほどお伝えした心構えである、

・婚活疲れをしたら休む

・他の婚活方法を活用する

・「婚活は時間がかかるもの」だと考える

を意識しましょう。

 

婚活疲れを感じている人は、本記事を参考に婚活を乗り切ってくださいね。

コメント